〜ライフblog

知ってるとチョットだけ幸せになれるかもしれない ようなモノレビューとか、写真とか

メニュー

運動不足だしプチダイエットのためにトレーニング用の縄跳びを買ってみた


お盆も過ぎて酷暑が少し和らいできたかな。

普段はいつも夜に近所の公園でランニングしてたりするのだけれど、今年は夜も暑すぎて7月ぐらいから走るのサボってた。
そうすると、身体というのは正直なもので、体重がほんの少しづつだけどジワジワ増加していった。(一応体重は毎朝測ってる)

個人的なイエローゾーンに達してきたので、さすがにまずいぞと思い始めるが走るにはまだ暑さがしんどい。
なにか手軽にできるものはないかと考えて辿り着いたのが縄跳び。これならわざわざ公園まで行かずとも家の横の広場でできる。ということでいつものようにAmazonで物色。子供時代に使ってたようなものからスポーティーなものまで色んな種類のがあったけど、モチベーションも上げるためにトレーニング用みたいなちょっと本格的なやつを選んでみた。それでもお値段は1480円でした。大人となった今なら割と安い買い物だ。



値段の割には充実した内容物


f:id:ricky-ss:20210825181202j:plain

ビニール梱包ではなくてしっかりとした箱に入ってた。コンパクトな箱なんだけど予想以上に重さはあって、かなりずっしりとしてる。


f:id:ricky-ss:20210825181239j:plain
結構いろいろ入ってる


中身のほうは以下の通り
* ハンドル
* 2.5mmロープ(赤)
* 3.5mmロープ(黒)
* ローププロテクター
* ネジやキャップの予備
* 収納袋
* 説明書

ロープは太さ違いで2個付属(長さは同じ)
ネジやキャップはしっかり予備のパーツまで入ってるし、収納袋まで付いててこの値段ならお得な気がする。


組み立て

でわ、さっそくロープを取り付けていきましょうかね。構造はシンプルだし、説明書にもイラストと日本語で取り付け方が書いてあるので迷うようなことは無いと思う。説明書のQRコードを読み取ればYouTubeサイトに飛んで動画で説明されてたりもします。

f:id:ricky-ss:20210825181429j:plain

最初はこんな感じになっているので、ネジ部分をくるくる回すとロープを通すための穴が開放されるので、そこへロープを通したあとに今度はネジを逆に回して締めていきます。最後にネジ途中のナット部分を調整しながら締めてネジが緩まないようにしたら完了。通す深さによって飛ぶときの長さを調節する感じ。

f:id:ricky-ss:20210825181459j:plain

f:id:ricky-ss:20210825181640j:plain
穴にロープ通してネジ締める

f:id:ricky-ss:20210825181603j:plain
ロープの端にキャップ付けたら完了

もう片方も同じようにロープを通すのだけれど、その前にローププロテクターも付けときます。これは縄跳び飛んだときに地面との摩擦でロープが痛むのを保護するものみたい。細長いゴム管をロープに通すだけなので簡単。

f:id:ricky-ss:20210825181936j:plain
地面と擦れる部分を守るのね


f:id:ricky-ss:20210825182035j:plain

これで完成。

ちなみにハンドル部分には重りが入ってる。重さは片方で133gでした。なかなかずっしり。ハンドルのキャップを回せば簡単に脱着できるようになってるのでこちらはお好みで入れるか入れないか決めたら良いと思う。

f:id:ricky-ss:20210825182112j:plain




使ってみた感想


使ってみるとものすごい軽快にヒュンヒュン回る。ロープがワイヤーなのでそれ自体に適度な重さもあるし、付け根部分はベアリングでクルクル回る構造になってるからとにかく回る。っていうか縄跳びするの子供時代以来なんだけど、全然飛べなくなっててビビった!ジャンプ力もリズム感も頭で想像してるとおりに身体は動いてくれないし、すぐ引っかかって「え!?」ってなる。頭のイメージでは飛べてるんだけど、現実が追いつかない。

しばらくすると少し慣れてくるんだけど、連続30回も飛ばないうちに息が上がって酸欠状態みたいになってえらいことになった。走るのより絶対こっちのほうがキツイと思う。完全に飛び方を忘れたおっさんになってたよ。昔は100回とか軽く飛んでた記憶あるのに、子供時代の自分に見られたら笑われると思う。手軽に運動できるとか思って軽い気持ちで始めてみたけどめっちゃハードですわ。全身運動やんこれ。

でも、せっかく買ったし、ダイエット効果も高そうなのでしばらく続けてみることにする。
早くボクサーがトレーニングしてるときみたいにヒュヒュヒューンって飛べるようになりたい。