〜ライフblog

知ってるとチョットだけ幸せになれるかもしれない ようなモノレビューとか、写真とか

メニュー

鶏ひとすじの水炊き屋さんが手がける担々麺 「博多担々麺 とり田」




時々無性に辛いもの食べたくなる時ありますよね。
そんな時、最近よく行くお店が「博多担々麺 とり田」

元々は水炊き専門店だった「とり田」が担々麺と唐揚げの専門店として展開しているお店です。
2018/10現在、博多/天神地区に3店舗あります。
その中でも僕がよく行くのは博多駅に隣接するKITTE博多の地下にあるお店です。 f:id:ricky-ss:20181023203336j:plain


メニュー

f:id:ricky-ss:20181023203506j:plain
看板メニューの担々麺は辛さが、1、3,5,10倍と選べます。
基本が3倍で1倍は辛さ控えめとなってる。
僕の場合は気分によって3倍か5倍を選んでます。
10倍も食べたことあるけど、辛さが強すぎて胡麻やひき肉の風味が負けちゃう感じだったので1度だけで満足した。

唐辛子抜きの「ごま鶏そば」や「鶏白湯麺」などのメニューもあるので、辛いものが苦手という人でも幸せになれるでしょう。

サイドメニューにはもうひとつのこの店の売りである「唐揚げ」や卵かけご飯なんかもあるので、麺だけでは物足りないという人も幸せになれるでしょう。

そしてレギュラーメニューに加えて、月替りでの限定麺もある。
このときは「とろみ野菜湯麺」だった。
月替り麺はいつも独創的で面白いメニューが出てるので、ちょっと行ってみるかという気にさせられる。
f:id:ricky-ss:20181023205632j:plain

汚れを気にせずに食べられる「前掛け」標準装備

f:id:ricky-ss:20181023233534j:plain 担々麺だと唐辛子満載の赤いスープなので、スープなんかが服に飛んだら凹む案件だけど大丈夫。
結構大きめの前掛けが用意されているので、服の汚れを気にせずに食べることに集中できる。

↓↓↓装着するとこんな感じ f:id:ricky-ss:20181023233544j:plain


水餃子担々麺を注文してみた

f:id:ricky-ss:20181023233601j:plain 今回は3倍の辛さで注文。
スープがかなり赤いから、とても辛そうに見えるけど個人的には程よいピリ辛。
辛いもの食べたい!!ってときは5倍の辛さにする。
辛味には5種類の唐辛子のラー油で仕上げてるそうだ。
花山椒も入ってて、本場中華系の香辛料の風味がする。


f:id:ricky-ss:20181023233608j:plain 水餃子もプリっとしてて美味しい。
でも、プラス200円で2個入りということは1個100円ってことになるわけで、少し高いかな?と思ったりもした。この大きさなら4個くらい入ってほしいと思う。

f:id:ricky-ss:20181023233618j:plain 麺は中太麺のちぢれ麺。
プルンとした食感でスープとよく絡んでくれる。胡麻の甘味も上手いこと拾ってくれる。
麺の量は多くもなく、少なくもなくといった感じ。
スープもほとんど飲んじゃうから1杯で結構お腹いっぱいになる。
でもこのスープと白ごはんの相性が抜群に良いから(食べ過ぎ注意という意味で)困る。


博多担々麺 とり田 KITTE博多店
住所  :福岡県福岡市博多区博多駅中央街9−1 B1
営業時間:11:00~24:00
定休日 :不定休(KITTE博多に準ずる)