〜ライフどっとこむ。

知ってるとチョットだけ幸せになれるかもしれない ようなモノレビューとか、写真とか

メニュー

日田まぶし(うなぎ)を食べに行く 〜 大分県日田市

f:id:ricky-ss:20180218144809j:plain

年に数回食べに行く、うなぎ料理のお店「千屋」。

大分県日田市の豆田町にある。

 

観光地なので昼時に行くと待ち人数が凄かったりするけど、開店時間の11時に突入するか、少しずらして15時ころに行くと結構空いてたりもする。

ただ、夕方になってしまうと閉店時間前でも鰻が品切れとなって早めの閉店となってしまうこともあるので注意。

 

 

 

 

f:id:ricky-ss:20180218152018j:plain

f:id:ricky-ss:20180218145456j:plain

今回は15時頃に行ったので待つこともなく、静かな店内でゆっくりできた。

外国人観光客が何組か居ただけ。

 

f:id:ricky-ss:20180218145639j:plain

通常サイズに800円上乗せで、うなぎもご飯も1.5倍になる(大)。

男性なら通常サイズは少し物足りないかもなので、(大)がオススメ。

本当ならビールも一緒に飲みたいけど、車運転なので食事だけで。

 

もちろん(大)を注文。

f:id:ricky-ss:20180218150139j:plain

f:id:ricky-ss:20180218150454j:plain写真は日田まぶし(大)。

ぎっしりとうなぎが乗っかってる。焦げ目が食欲をそそりまするな。

きも吸は標準装備。

そとはカリッと焼けてて、中はふんわり柔らかい。

せいろ蒸しも好きだけど、こっちのほうが香ばしさが抜群に上なので大好き。

 

 

f:id:ricky-ss:20180218150535j:plain

標準サイズと比べてみたの図。(左:標準 右:大)

ごはん、うなぎ共に1.5倍ということだけど、それ以上に見える。

ボリューム感が伝わると良いけど。

 

 

 

f:id:ricky-ss:20180218150908j:plain

メニューの裏に食べ方のHow toが載ってるので、初めて行く人は参考に。

要は「そのまま」、「色んな薬味で」、「茶漬け」の3パターン。

薬味の組み合わせで色んな味になるので楽しい。

 

 

f:id:ricky-ss:20180218150845j:plain

こちらが4種類の薬味。

 

 

f:id:ricky-ss:20180218151233j:plain

まずはねぎ師匠。

まぁ、合わないわけないよね。

 

f:id:ricky-ss:20180218151248j:plain

わさびさん

茶漬けにする時に出番が多い感じ。

 

f:id:ricky-ss:20180218151302j:plain

柚子胡椒先輩

これは万能ですわ。

 

f:id:ricky-ss:20180218151316j:plain

大根おろしちゃん

濃い味のタレをさっぱり風味に変えてくれる。

 

これらの薬味を組み合わせて、自分なりの美味しい食べ方を探すのが楽しい。

f:id:ricky-ss:20180218151550j:plain

こんなのとか

 

f:id:ricky-ss:20180218160803j:plain

f:id:ricky-ss:20180218151620j:plain

こんなのとか。

 

写真見るだけで解かると思うけど、間違いなく美味しい。

何を組み合わせても美味しいはず。

 

あー、記事書いてたらまた食べたくなってきた。

以下、番外編

f:id:ricky-ss:20180218152452j:plain

店のすぐそこに「まちの駅」なるものがあって、お土産品とか果物・野菜を売ってる。

ちなみに駐車場もここのを利用した。

駐車料金は確か最大500円で、ここでの買い物金額に応じて1時間無料、2時間無料とかになるシステムになっていた。

 

f:id:ricky-ss:20180218152824j:plain

いちごの値段は、まぁ普通かな。

買って帰って食べたら美味しかった。

 

f:id:ricky-ss:20180218153129j:plain

f:id:ricky-ss:20180218153236j:plain

駐車時間は1時間未満だったので、いちごとか買ってたら駐車料金はすぐに無料になった。

また行きたいな。