〜ライフblog

知ってるとチョットだけ幸せになれるかもしれない ようなモノレビューとか、写真とか

メニュー

【海外でスマホ】台湾行くなら現地SIMが安くて便利だよという話





スマホが身体機能の一部となっている現代において、海外旅行に行く際に心配になるのがデータ通信料金。

各通信キャリアも海外旅行向けに上限を設けたプランなんかがあるのだけれど、通信量の制限や料金を見ても割高感が否めない。
レンタルモバイルルータを使う手もあるけれど、こちらも荷物が増えるとか充電の心配がある。


そこで便利なのが現地通信キャリアのSIMカードを利用するという選択肢なわけですよ。

台湾には旅行者向けのSIMカードが空港で売られているので、手順さえ知ってればとても気軽に利用できます。

使っているスマホがSIMフリーということが前提となるけど、今は大手3大キャリアでもSIMロック解除は行ってくれるので、海外行く可能性があるなら間違いなくSIMフリーにしておいた方がいいです。
SIMロック状態のメリットなんて何も無いので。


ということで、今回は台湾の空港でのSIM購入手順を紹介してみたいと思います。



f:id:ricky-ss:20191120192521j:plain

台湾にもキャリアはいくつかあるのだけれど、僕がいつも使っているのは最大手の「中華電信」のSIMカード。
どのキャリアでも料金/プランはほぼ同じなんだけれど、最大手ということもあり、なんとなく電波拾う範囲が強そうなので。

プランの方は大きく日数で別れていて、同じ日数でも複数のプランが有るのは利用可能な音声通話量が異なるというもの。(すべてのプランで現地の電話番号がもらえる)

そしてデータ通信に関しては上限がありません。使い放題です。
なので、通話もLINEやFaceTimeなんかで事足りるのなら音声通話はほとんど使う機会がないと思うので、同じ日数でも安い方のプランで良いでしょう。

f:id:ricky-ss:20191120192614j:plain
白い文字で大きく書かれている数値がプランの日数


窓口の店員さんにパスポートとスマホを渡すとプランを聞かれるので、プラン表左上のピンク内に書かれているアルファベットで答えればOKです。
3日プランなら「A」になるので、英語や中国語を話せなくてもプラン表を指差して「A」って言えば通じます。

あとは「SIM free?」って確認されるので、「Yes」と言えばOK。

書類の2箇所に署名を求められるので、フルネームでサインすれば手続き完了です。

ちなみに僕は日本では「IIJ mio」のSIMを使ってるんだけど、XsMaxに機種変してからはIIJ用のプロファイルを削除しておかないと中華電信のSIMを認識してくれないので、台湾SIM購入前に予め削除しておくようにしてます。
SIMを認識しない場合とかに、有能な店員さんなら「このプロファイル削除してもいい?」って聞かれてテキパキ設定してくれるけど、全員がそういうわけでもないのでオロオロされる場合もあります。場合によってはごめんなさいされることも。なのでもう原因もわかってるので予め削除するようにしてる。

f:id:ricky-ss:20191120192724j:plain
「設定」→「一般」の中に通信プロファイル設定がある


何かが干渉してるんだろうな。まぁこれは削除しても日本に帰ったらまた入れればいいので。簡単だし。



iPhone6s時代はそのままで大丈夫だったんだけど、去年XsMaxに機種変してからこうなった。
iOSのバージョンのせいなのか、機種特有のものなのかは不明。
SIMフリーなのに現地SIMを認識しないときは、日本SIMのプロファイルが邪魔してることを疑ってみていいと思う。


話が逸れてきたので戻しましょうかね。
3日間のプランだと購入時点から72時間有効になるので2泊3日はもちろん、飛行機の時間によっては3泊4日でもギリイケる感じ。
YouTubeもGoogleMapもお店を調べることなんかもストレスフリーでできるのは大きいと思う。テザリングもOKだしね。

大抵の旅行者なら3DAYもしくは5DAYの安い方である300元(1000円ちょっと)プランで事足りると思うので試したことのない人は一度試してみことをオススメします。

日本に居る時と同じように使えて、データ通信使い放題って楽ちんですよー。