〜ライフblog

知ってるとチョットだけ幸せになれるかもしれない ようなモノレビューとか、写真とか

メニュー

iOS12で機能制限の設定項目が無くなっててApp内課金の設定方法を探しまくった話。




とある無料アプリを有料版にアップグレードしようと課金を決意。

課金を試みるもエラーで弾かれて課金が行えない。
そういえば、思わぬ課金が発生したら嫌なので「App内課金」の設定を通常は「許可しない」に設定してたと思い出した。

なので、一時的に許可するべく「機能制限」(App内課金)の項目を探すが見当たらない。
どこいった???
あ!iOS12になって場所変わったのか!と気づいて探しまくってようやく見つけた。



結果的には、そもそもiOS11まであった「機能制限」という項目が無くなってて、「インストール」「Appの削除」「App内課金」などの項目はiOS12から新設された「スクリーンタイム」配下の深いところに移動されてた。
見つけにくいわ!

ということで、設定場所を以下の書き留めておく。


①まずは「設定アプリ」を開いて「スクリーンタイム」を選択 f:id:ricky-ss:20181014213120j:plain


②次に「コンテンツとプライバシーの制限」を選択
f:id:ricky-ss:20181014213400j:plain




③次に「iTunesおよびApp Storeでの購入」を選択
f:id:ricky-ss:20181014213632j:plain




④そこに設定項目があるので選んで指定
f:id:ricky-ss:20181014213939j:plain


これで完了です。


なんでスクリーンタイムの下なの??
これだと最初の入り口から間違うやん。
Appleさん、時々こういうことしてくれるから困る。良いネタになったけど
以上、無駄な時間と労力を費やしてしまったお返しにブログのネタにしたというお話でした。