〜ライフblog

知ってるとチョットだけ幸せになれるかもしれない ようなモノレビューとか、写真とか

メニュー

iPhone13 Proに買い替えたので、CASEFINITEの「THE FROST AIR」とかいう噂のケースを試すの巻(ついでにガラスフィルムも)


この前、3年ぶりにiPhone買い換えた。今回は予約開始時間に張りついて速攻予約したのでiPhone13 Proを発売日にゲットできた。新型iPhone自体の感想については、もうしばらく使ってみてから書いてみようと思うので、今回はお約束アイテムのケースとガラスフィルムについて。

夏ぐらいにネットで「ほぼ、裸」「ミニマリズムデザイン」を謳い文句にしてるケースを見つけてからずっと気になってたんだけど、その時はもう秋にiPhoneの新型に買い換えると決めてたので、買い換えるときにiPhone13用のやつも発売されてたら一緒に買おうと思ってた。で、iPhoneの予約完了後にメーカーのサイトに行ってみると13用のやつが出てたのでポチった。ポチる途中で「ガラスフィルムも一緒にいかが?」みたい表示も出てきたので、少し迷ったけど一緒に買った。迷った理由はお値段が少し高かったこと。ケースが2,749円なのに対してそのガラスフィルムは3,249円。2枚入りとはいえ、今まで買ってきたガラスフィルムの中ではぶっちぎりの最高級品。でも同じメーカーで一緒におすすめされたものならケースとガラスフィルムが干渉するような心配もないだろうということで購入決定です。ケースとガラスフィルム合わせたら結局6,000円くらいになった。



まずはガラスフィルムから

f:id:ricky-ss:20211004185627j:plain
全く同じ箱が2つ。。。


届いた袋を開封してみると全く同じ箱が2個入ってた。
「間違えた??」と一瞬焦ったけど、箱が同じだけでちゃんとケースとガラスフィルムの2種類が届いてた。

f:id:ricky-ss:20211004190007j:plain


ガラスフィルムから開封していきます。

f:id:ricky-ss:20211004190034j:plain

中身の方はガラスフィルム2枚、取り付け用のガイド枠、アルコールシートにホコリ取り用のシールと拭き取り用の布となってます。この手の商品としては定番の内容やね。でもガラスフィルム2枚入りなのにアルコールシートは1個だけだったよ。

それでは、早速取り付けていきます。


f:id:ricky-ss:20211004190057j:plain

まずはiPhoneの画面に対して蓋を被せるような感じでガイド枠を付けます。方向に上下があるので慌てて間違わないように進めます。上になる部分には「TOP」の文字が刻まれてるのでそれを目印に。

f:id:ricky-ss:20211004190129j:plain

自分は上下間違いどころか、最初はガイド枠にiPhone入れるような感じではめて「???」って感じになったのは内緒。iPhoneにガイド枠を被せるんやで。ガイド枠をつけたら画面の汚れを再確認して問題なければガラスフィルムを貼るだけ。上下どちらかの端から空気が入らないようにジワーーっと付けていくのがコツ。

f:id:ricky-ss:20211004190234j:plain
貼り付け完了!

ガイド枠のおかげでズレることもなく、完璧な状態で貼りつけ完了。

このガラスフィルム、標準的な『クリアタイプ』とノングレアの『高耐指紋タイプ』の2種類があって、今回はクリアタイプのガラスフィルムを選んだんだけど、iPhoneとの一体感がすごくてフィルムつけてるのかわからないレベル。触り心地もフィルムつけてない状態みたいな滑らかツルツル。高耐指紋タイプじゃないけど指紋もほとんど付かないし、しばらく使ってうっすら汚れてきても、サッと拭けばすぐピカピカ。めっちゃくちゃ綺麗。少々お値段は高かったけど、これなら満足ですわ。



ケースは果たしてどこまで「ミニマリズム」に迫っているのか

f:id:ricky-ss:20211004190304j:plain

さて、お次は本命のケース。
これ、箱開けて中身を取り出すときに手にとった瞬間、「は?え???」って思わず声出た。

軽い、軽すぎる! !

もう質量無いんじゃないかってくらい軽い。
頭でおおよそ想像してるスマホケースの重さより遙かに軽いから脳がうまく認識できなかったようで感覚が一瞬バグった。商品名についてるAirは伊達じゃないで。


f:id:ricky-ss:20211004190351j:plain

袋から取り出してみる。薄いけど触ると結構しっかりしてる不思議な感じ。硬さが結構あるので裂けたりする心配もなさそう。と、見ながら触っててもあまりの軽さにビビる。


f:id:ricky-ss:20211004190416j:plain
f:id:ricky-ss:20211004190433j:plain

カメラレンズ部分は大きく穴が空いた状態なんだけど、この部分の剛性もしっかりしてる。iPhone13Proはカメラレンズがかなり突き出てるので、素の状態で机とかに置くときは気になるポイントなんだけど、ケース自体は極薄なのでカメラの出っ張り部分は隆起する形で保護されるようになってた。隆起してる部分もとても薄いんだけどガッチリ硬いので安心。


f:id:ricky-ss:20211004190501j:plain
あまりに軽すぎるので重さを図ってみた。
6g!やっぱり軽い。でも100円玉よりわずかに重いってことになるのか。体感的にはもっと軽くて1円玉な感じだけど形状のせいかな。


f:id:ricky-ss:20211004190524j:plain

iPhoneに装着してみた。一体感が素晴らしくて美しい。素材が薄いのもあってiPhoneそのままの素のデザイン感がしっかり残るから、パッと見はケース付けてないように見える。ケース装着しても手の取ったときの幅感覚とか厚みの感覚とか重さは全然変わらんし、何これすごいんだけど。


f:id:ricky-ss:20211004190554j:plain
f:id:ricky-ss:20211004190622j:plain
f:id:ricky-ss:20211004190700j:plain
f:id:ricky-ss:20211004190716j:plain

カメラ部分は上記でも述べた通りケースの外枠を隆起させた形で最低限守る感じになってる。人によってはもう少しガード機能が欲しいと思うかもしれない。端子やボタン類の箇所は精巧に穴開けされてて特に問題なし。ボタンも被せちゃうタイプのケースだと押しにくくなったりするんだけど、これはケース自体が極薄なのでiPhoneのボタンをそのままむき出しにしてもしっかり押せるようになってる。これも純正感を高める一因になってるね。


f:id:ricky-ss:20211004190745j:plain

当然だけど、最初に付けたガラスフィルムとは干渉することもなくしっかりハマる。高さもバッチリ揃ってるので、もうこの状態が初期状態なんじゃないかと思うくらい純正ノーマル感がすごい。お値段はそこそこしたけど買ってよかったよ。



おわりに

f:id:ricky-ss:20211004190804j:plain

できることなら何もケース付けずに素の状態で使いたい。でもやっぱり擦り傷とかは気になるし、少しはガードしたいって人には神アイテム来たよこれ。この記事を書いてる時点で1週間くらい使ってるけど満足感半端ない。ガラスフィルムもケースもどっちも最高や。スマホのケースで感動したのは生まれて初めて。今回買い替えたiPhone13Pro自体よりもこっちのほうが遥かに満足度高いのは間違いない。これから使うスマホのケースはずっとこれにするわよ。