〜ライフblog

知ってるとチョットだけ幸せになれるかもしれない ようなモノレビューとか、写真とか

メニュー

【ミニ四駆】オーバルホームサーキットでタイムアタック〜第3ヒート トルクチューン2モーターとか強化ユニットとか編





さて、今回はいよいよモーターを変更して挑みますよ。
前回はゴールドターミナル・超速ギア・ベアリングの装着を試みたものの、いまいちタイムは伸びず、しかもベアリングはガバガバですぐスッポ抜けるという問題も発生。

www.nyoro-life.com


なのでベアリングのガバガバ問題も応急処置ではなく、パーツ変更を変更してきちんと解決していきます。
それではいってみましょう〜


今回試すパーツたち


f:id:ricky-ss:20200611200243j:plain

今回準備したパーツは以下の3つ。

・N04/T04強化ユニット
・ギヤベアリングセット
・トルクチューン2モーター

モーターは色々買ってるんだけど、まずは控え目パワーのトルクチューンから。そしてモーターパワーの増大をできる限り引き出すべくギヤベアリングも用意。強度も上がりそうだしという事で。
そしてベアリングのガバガバ問題を根本的に解決するべくフロントとリアのユニットを丸ごと交換します。普通にスペアパーツ発注することも考えたけど、調べてたら強化版のオプションパーツが出てたのでそちらをチョイス。



パーツ交換


f:id:ricky-ss:20200611200344j:plain

まずはN04/T04強化ユニットから装着していくことにする。
このパーツはトレッド幅を広げることもできるようになってるので、せっかくだからワイドトレッド仕様にしてみますかね。オーバルホームサーキットは直線少ないし。

f:id:ricky-ss:20200611200410j:plain
f:id:ricky-ss:20200611200551j:plain

フロント側を交換するとこんな感じ。バンパー部分も含めての交換になるので、後で元々付けてたローラー類の付け替えも必要になってくる。


f:id:ricky-ss:20200611200656j:plain

問題だったベアリングはがっちりハマってくれた。これですっぽ抜けることもなさそう。よかったよかった。これのためにこのパーツ買ったようなもんだし。


f:id:ricky-ss:20200611200720j:plain

そしてトレッド幅が広がるのでホイールシャフトも同梱されている長いやつに交換していきます。

f:id:ricky-ss:20200611200746j:plain
結構違うね

上が今回装着するシャフトで、下がノーマルシャフト。60mmから72mmに広がることになるんだって。
これだけ違うと走りにもだいぶ影響ありそう。


f:id:ricky-ss:20200611200829j:plain

前後ユニットを交換して、ファーストトライパーツも全部移植したらこんな感じ。赤が映えますね。ちなみにリアのFRPステーはノーマルシャーシだと3点ビス留めだったけど、この強化ユニットでは4点ビス留めにする必要があった。(中央部分は大きめの穴が空いてるので使えなかったので)


f:id:ricky-ss:20200611200905j:plain

お次はカウンターギヤにもベアリングを装着します。はめ替えるだけなので簡単。一緒についてくるシャフトも一緒に交換します。このシャフト、パッと見は何が違うの?って感じだけど、よく見るとノーマルとは素材が違うような気がする。知らんけど。

f:id:ricky-ss:20200611200933j:plain


f:id:ricky-ss:20200611201015j:plain

最後にトルクチューン2へモーターを交換。ノーマル比でどれくらいの変化を見せてくれるのか楽しみ。スピード&パワーのバランスでいうとチューン系モーター3種の中では最もパワー寄りらしい。ちなみに装着前に簡単にだけど慣らし済み。

f:id:ricky-ss:20200611201051j:plain

まだまだ初歩的な改造だけど、だいぶレーシーな感じに仕上がってきた。
速さを追求するのも楽しいけど、ドレスアップも楽しいね。
それではボディもつけてみましょうか。



f:id:ricky-ss:20200611201120j:plain

チラッと見える赤いシャーシがカッコええやん!スーパーエンペラーのカラーリングともよくマッチしてる!でも下が派手になった分、ボディカラーがちと負けてる感じがするなー。暇があったらもう少し細かく塗り上げてみるかな。


一通り組み上がったので重量測定のお時間です。

f:id:ricky-ss:20200611201147j:plain

結果は162g
前回までが158gだったので4g増ですな。モータ性能がだいぶ上がってるはずなので重くなったとはいえ、間違いなく前回よりは速くなるとは思うけど。



実走してみた結果!


それではいよいよコースを走らせてくよ!
5ラップ走らせてベストタイムを採用だ!

電源をONにするとこれまでとは明らかに音が違う。期待が膨らむが、


が!


1周目からレーンチェンジで派手にコースアウトしてタイム計測できずorz
何回か試したが駄目だった。。。

残念だけど、このまま次回へ!



というには寂しいので、レーンチェンジ部分をiPhoneでスローモーション撮影してどんな挙動でコースアウトしてるのかを検証してみた。しっかり検証して次回へつなげるのである。

f:id:ricky-ss:20200611201632j:plain
f:id:ricky-ss:20200611201647j:plain
f:id:ricky-ss:20200611201659j:plain
f:id:ricky-ss:20200611201716j:plain
f:id:ricky-ss:20200611201727j:plain

レーンチェンジ部分がやっぱりジャンプ台みたいになってて、頂上部分ではすでに4輪とも浮いてそのまま右フロント部がコースの壁にHIT→かなり浮いた状態のまま跳ね返り左側面にHIT→浮きすぎてるために壁HITの衝撃で大きくバランスを崩してガシャーン!な感じか。

もうちょっとパワー上がったら右HITした後はそのままレーンチェンジの壁超えそうなくらい浮いてるなー。
となると、レーンチェンジ前にある程度減速するようにフロントブレーキあたりを検討してみるかな。問題の大部分はレーンチェンジへの侵入速度なのが解ったし、しばらく考えてみます。考えるのも楽しみの一つだ。

そういえば、何回かコースアウトしてるうちにギヤが時々ギャリギャリいうようになってあからさまにスピードが落ちてきたので中見てみたらモーターのピニオンギヤが微妙にズレてきててギヤの噛み合わせが悪くなってたよ。本来の位置に戻したらめっちゃ滑らかになって爆速に戻った。すぐコースアウトだけど。
そういえば前回のタイムアタックの時もギャリギャリいうときあったなー。微妙に遅かったのはこのせいかもしれん。次回はギヤ抜け対策もやっておきますかね。


残念ながらタイム計測できなかったけど、速度は間違いなく大幅アップしてるし克服すべき課題は見えてきた。次こそ2秒台だ。
次回へ続く。