〜ライフどっとこむ。

知ってるとチョットだけ幸せになれるかもしれない ようなモノレビューとか、写真とか

メニュー

最近普及してきたワイヤレスBluetoothイヤホンを使ってみたら、結構快適だったので感想とか書いてみる(Pasonomi TWS-X9)

以前からなんとなく欲しいなと思ってたワイヤレスイヤホン。

ワイヤレス"ヘッドホン"は持ってるんだけど、ちょっとかさばるのでプライベート専用。

通勤用としてはSONYのBluetoothイヤホンを使ってるんだけど、ワイヤレスではないのでコードが邪魔くさい。

ワイヤレスがそろそろ欲しいなーと思って物色してたら
通常は6,000円ちょっとするものが、Amazonのサイバーマンデーセールで4,000円代だったので思い切って購入してみた。


内容物

f:id:ricky-ss:20181216143019j:plain

製品内容の方は過不足なしといったところで以下の通り。

・イヤホン本体および充電ケース
・USBケーブル
・ケース用ポーチ
・イヤーピース
・取扱説明書(日本語)

梱包時の手違いなのか、元々そういうものなのかは分からないけど、イヤーピースが大中小ペアの6個だけでなく、なんか多めに入ってた。

各サイズ毎のスペアということかな?
不足してるわけではないのでご愛嬌か。


USBケーブルはかなり短め。(約30cm)

取扱説明書は完全日本語なんだけど、少し説明が足りないところもある気がする。
ペアリング手順、操作説明は書かれているので普通に使う分には問題ないと思う。

足りてない説明は後述するモバイルバッテリーとしての使用方法や充電ケースにある謎のサイドボタンの意味とか。

謎のサイドボタンは押すと充電インジケーターが数秒間光るので、バッテリー残量の確認用かなと勝手に思ってる。


製品仕様

f:id:ricky-ss:20181216172555j:plain イヤホン重量 :約4g
充電ケース重量:約64g
対応コーデック:AAC SBC
Bluetooth パージョン:Bluetooth 5.0+EDR
連続再生時間 :3-4時間 ※ケースで充電することにより最大72時間
連続通話時間 :3-4時間
通信可能距離 :10-15M
プロフィル  :A2DP/AVRCP/HFP/HSP
防水:iPX7
ケース電量容量:2200mAh
使用周波数帯域:2402MHz-2480MHz
動作時環境条件(温度):0℃~40℃
ノイズキャンセル:DSPノイズキャンセル機能

目立った機能としてはBluetooth 5.0対応と防水機能(iPX7)
※防水機能はイヤホン本体のみであり、充電ケースは対応していないので注意。

あ、充電ケースが普通のモバイルバッテリーとして使えるというのもありがたい機能。
イヤホン単体では使用可能時間は3-4時間となっているけど、充電ケースで最大18回分チャージできるようになっているので、最大で72時間くらい使える。


基本操作まとめ

ペアリング設定を一度行っておけば、あとはケースから取り出すだけで自動的にペアリングしてくれる。
とても便利ではあるのだけど、時々片方だけペアリングした状態になったりすることがある。
その時は切れている方のイヤホンをタッチしたらだいたい接続してくれる。

音楽を聴くときの基本操作
再生/停止  :左右どちらかのイヤホンを1回タッチ
曲戻し    :左イヤホンを軽く2回タッチ
曲送り    :右イヤホンを軽く2回タッチ
ボリューム調整:左イヤホンを3秒以上長押しでボリュームダウン。
        右イヤホンを3秒以上長押しでボリュームアップ。


通話のときの基本操作
着信受け   :左右どちらかのイヤホンを1回タッチ
電話を切る  :左右どちらかのイヤホンをもう1回タッチ
ボリューム調整:左イヤホンを3秒以上長押しでボリュームダウン。
        右イヤホンを3秒以上長押しでボリュームアップ。


音声アシスト(iPhoneのSiriとか)起動
右側イヤホンを2秒長押しすると「ピッ」っと音がするので指を離すとiPhoneの場合はSiriが起動する。
「ピッ」っと音がした後も長押しを続けるとボリュームアップの調整が始まるようになってる。

購入する前にこの製品のレビュー記事をいくつかみた時、デメリットとして「イヤホン側からボリューム調整が出来ない」と書いてあるのが散見されたけど、今回購入したものはちゃんとできるようになってる。説明書にも手順がちゃんと書いてあるし、バージョンアップしたのかな?

自分の場合はApple Watchで全部操作しちゃうので使うことはほとんどないんだど、イヤホン単体での操作も一通り揃っていることはポイント高いと思う。


実際に使ってみた感想

f:id:ricky-ss:20181216172825j:plain
耳に装着するとこんな感じ

この記事を書いている時点で1週間毎日使ったことになる。
主に通勤時での使用なので、朝と夕方に40分づつくらい。

カナル型のイヤホン+ノイズキャンセル付きなので周囲の音はかなり遮断されることから雑音もあまり入ってこない。
音楽に集中できる反面、周囲の音が聞こえないと言うことは身の危険にもつながるので使用するシチュエーションには十分注意しましょう。

ただノイズキャンセルは仕様上明記されているけど、普段BOSEやSONYのを使っているせいか、それらと比べると効いてるかどうかよくわからない。

確かに音楽聴いてる時は周りの音はほとんど入って来ないので音が出ている時だけ機能してるんだろうか?
まぁ、おまけ程度と思って過剰な期待はしないほうがいいと思う。

音質はこの値段にしては十分及第点だと思うし、取り出すだけでさっと使えるのはとても便利。

自分の場合は耳にもしっかりフィットしてくれてるので、使ってる最中に落ちちゃうような不安もなく使えてる。

段々ズレてくるようなことも全くない。

音飛びや左右の音ズレなんかも今の所全く発生していないので、とても快適に使えてる。
iPhoneでYouTubeを見たりもするけれど、動画との音ズレも許容範囲。
(ほんのわずかだけズレるけど、それは無線の宿命だと思ってる)
音ゲーとかシビアなリアルタイム性を求める人は、もちろん有線イヤホンを使ったほうが良いと思うけど、自分の用途では今の所文句なし。

防水機能もついてるので雨降ってきても気にしなくて大丈夫だし、充電ケースでiPhone充電できちゃうしで満足満足。

バッテリー容量は2200mAhなので、iPhoneをフル充電したら使い切ってしまうくらいの容量ではあるけど、緊急時には重宝すると思う。

f:id:ricky-ss:20181216172658j:plain
ケースのフロント部分にライトニングケーブルを挿せばiPhoneも充電可能


さいごに

安かったし、だめもとで購入したんだけど結果的には大正解だった。

ここ数年で一気に普及してきた完全ワイヤレスイヤホンだけど、便利さは使ってみて納得。
この季節、コート着たり首元にはマフラー巻いたりするのでコードは無いに越したことはない。

欲を言えば充電ケースがもう一回りコンパクトだったら良かったかなとは思う。

マイクの感度がちょっと遠いのは構造上仕方ないのかな。

あとは耐久性だけど、こればかりは個体差もあるだろうし未知数。
これから平日はほぼ毎日使うことになるので、果たしてどれくらいまで壊れずにいてくれるか。

この手の商品は今まさに絶賛進化中だと思うので、今後の発展に期待!